ベランダサッシのシール打ち替え施工

こんにちは。
東京都東久留米市を拠点に、屋上防水・外壁改修など防水工事を施工している株式会社大浜工業です。

今回は、最近施工をした「ベランダサッシのシール打ち替え」についてご紹介します。

施工の流れ

1.既存シールの撤去

カッターなどを使い、古くなったシールを丁寧に取り除きます。

既存シールの撤去
2.サッシの清掃

シールを打ち替える前に、サッシ全体を掃除します。
埃や汚れを取り除くことで新しいシーリング(コーキング)材の密着を促進します。

3.プライマーの塗布

マスキングテープを貼り、しっかりと密着度を高めるために下地材(プライマー)を塗ります

4.新しいシーリング材の充塡

コーキングガン使って新しいシーリング材を充填します。

5.ヘラを使って仕上げ

シーリング材を充填後、隙間なく行き渡るように、すぐにヘラを使って表面を平らに綺麗に仕上げ作業を行います。

6.シーリング材が硬化したら施工完了です。

シール打ち替えの必要性

ベランダサッシは季節の変化や気象の影響を直接受けるため、劣化が避けられません。
劣化したまま放置すると、シールがひび割れし隙間が生まれ、そこから雨水が建物の内部に侵入して、雨漏りや結露の原因となり、思わぬ損害をもたらします。

そのため、定期的なメンテナンスが欠かせません。大規模修繕工事などではシールの改修は必須項目です。
シール打ち替えをすることによって防水機能を回復させ、建物の寿命を延ばすことができます。

防水工事には信頼性のある施工方法が欠かせません。 株式会社大浜工業では、経験豊富な職人によりさまざまな施工法を提供できます。 建物の寿命を延ばし、修繕費用を抑えるためにも、定期的なメンテナンスを心がけることが重要です。

【防水工】業務好調につき増員! 職人さん募集!!

ヘッダー画像
未経験歓迎!
ただいま当社では業務好評に付き一緒に働いていただける仲間を募集中。
ひとり一人が成長できる会社です。
未経験でも大丈夫、先輩達が親切丁寧に教え込みます。

まずはお問い合わせください!
PAGE TOP